一日5分でできる!バストアップエクササイズとは?

そもそもバストの形が崩れてしまう原因とは何なのか

バストアップをするためにはまず、どうしてバストが崩れてしまうのかを知る必要があります。原因をわかっていれば、対処もしやすくなります。バストが崩れる原因は、不規則な食生活や加齢による肌のたるみなど様々です。バストが崩れてしまう原因の1つに、胸筋が衰えることがあります。胸筋はバストを支えるためには大切な筋肉なのです。胸筋がないと、バストはきちんと支えられずに垂れてしまいます。
胸筋が衰える原因は、加齢や姿勢の悪さ、運動不足など様々です。筋肉は年齢とともに衰えていきます。そのため、筋トレなどをして鍛えないとバストは垂れていってしまうのです。また、姿勢が悪いとせっかく筋肉がついてもバストが垂れます。日頃から姿勢を意識することも、バストアップをするためには大切なことなのです。

エクササイズの方法!

バストアップのエクササイズの方法に、両手を胸の前で合わせる方法があります。座った状態でも立った状態でも構いませんが、姿勢よくした状態を作ります。そして、両手を胸の前で合わせます。腕は床と平行になるように上げましょう。肘が下がらないように注意してください。合わせたら両手に均等に力を加えて押してください。押す時間は10秒から15秒ほどが目安です。手を押し合っている間は息をゆっくりと吐き出しましょう。この動作を5回を1セットとして、毎日3セット行うようにしてください。筋トレはやりすぎてしまうと胸が固太りしてしまったり、脂肪を燃焼してしまいます。しかし、適度な筋トレはバストアップに効果的なものなのです。